HOMEAdvice → News

「動物の愛護及び管理に関する法律」の主な内容

【動物の飼い主等の責務等の強化】
動物の飼い主等は、命あるものである動物の所有者等としての責任を十分自覚し、その動物を正しく飼うことにより、動物の健康を守り、また人に危害を加えたり、迷惑をかけないように努めなければなりません。

【動物取扱業の規制】
動物取扱業者(動物の販売、保管、貸出し、訓練、展示業等)には、都道府県知事等への届出義務が科せられました。

【周辺の生活環境の保全に係わる措置】
都道府県知事等は、多数の動物を飼うことにより、周辺の生活環境が損なわれている場合には、その者に対し、必要な措置をとるよう勧告・命令ができるようになりました。

【罰則規定の改正】
みだりに愛護動物を殺傷した者には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金、みだりに愛護動物を虐待し、または遺棄した者は、30万円以下の罰金等罰則が強化されました。

注).愛護動物とは、牛、馬、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと、あひる、その他人が飼っている哺乳類、鳥類又は爬虫類です。

 

これだけは守りたい 飼い主の義務

(1).動物の習性等を正しく理解して飼うこと。
(2).最後まで責任をもって飼うこと。
(3).犬やねこの繁殖制限に努めること。
(4).動物による感染症の知識をもつこと。
(5).動物の所有者を明らかにするための措置をとるよう努めること。

 

ペットもあなたの家族です しつけと愛情はかかせません
飼い主のモラルが問われています。近隣や周囲の人に迷惑をかけることなく、楽しく快適にペットと暮らすためにもしつけは欠かせません。
ペットは飼い主を選べません。愛情と責任を持って飼いましょう。繁殖を希望しない場合には、不妊・去勢処置を行いましょう。
総理府発行のリーフレット「動物の愛護及び管理に関する法律のあらまし」より抜粋

●関連情報・外部リンク
「獣医衛生の扉」東京都獣医衛生課のホームページ

(アルベルト・シュバイツァー)