当店推奨!栄養補助食品!
   
HOMENatural Balance → Pet Foods
ペットフードの安全性の確保のために
事業者も法律で規制されることになりました
2008年6月、ペットの健康を保護するため、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)
が成立しました。
ペットフードの製造業者、輸入業者及び販売業者は、この法律に基づき定められる基準や規格を守る責任が生じます。
この法律は、公布から1年以内(2009年6月まで)に施行することとなっています。

詳しくはこちらのHPをご覧下さい↓
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/
 
日本におけるペットフード

2001年の時点においては、日本にはまだペットフードの品質や安全性を規制する法律はまったく存在しませんでした。飼料安全法でその安全性が規制されているのは、牛・豚・鶏など人間の食用となる家畜の飼料だけでした。さらに、ペットフードに関しましては、農林水産省畜産局において担当部署すら定まっていませんでした。

ただ唯一、業界組織として「ペットフード公正取引協議会」がありました。この協議会は「ペットフードの表示に関する公正競争規約」を定め、消費者が品質、栄養などの観点から適正な商品を選べるように、公正な表記を指導し不当表示や悪質な販売などを監視しています。
ペットフードの必要表示事項は、この協議会によって下記の通り規定されています。

1.ドッグフードなのかキャットフードなのかわかる表示
2.ペットフードの目的
  (総合栄養食、間食、その他の目的食の3つのいづれかであることがわかる表示)
3.給与方法
4.製造年月日または賞味期限
5.内容量
6.成分
7.原材料
8.原産国
9.事業者の氏名または名称と住所

また、ペットフード工業会の技術安全委員会は、ペットフードの安全性を高めるため、国内の食品衛生法、飼料安全法に従って、飼料添加物指定品目一覧と食品添加物マニュアルを作成しました。さらに、アメリカとヨーロッパのペットフードの添加物を規制したレポートを参考にして1273種類の添加物の使用制限を設けました。そして、それらを各メーカーに配布し、注意を促しています。

 
アメリカにおけるペットフード

米国のペットフード業界は連邦政府(米国食品医薬品局ならびに農務省)と州政府の2つのレベルで規制されています。

ペットフードに関する連邦政府法には原料の安全性やペットフードの製造施設に関する要件が含まれており、これは人向けに加工される全ての食品に対して適応されている連邦法と同じものです。さらに、多くの州政府は独自のペットフード規則を定めています。これらの州規則ではペットフードの表示法や登録を規制しています。

そして飼料の検査、法律やその実施について一貫性をもたせるために結成されたのが AAFCO(米国飼料検査官協会)です。AAFCO の規則が連邦政府の要件と矛盾することがないように、政府の代表者が AAFCO 委員会の連絡役を務めています。

 

【AAFCO(米国飼料検査官協会)】

AAFCO (アアフコ:Association of American Feed Control Officials:米国飼料検査官協会) はペットフードやその他の製品に関して一貫した「モデル」規則の作成を担当している州の担当官のグループで構成されています。AAFCO は消費者に提供される栄養関連のさまざまな情報が正確でわかりやすく、誤解を招くようなものでないことを確証できるように厳密な「モデル」規則を作成しました。さらにAAFCO は栄養素に関するラベル表示や栄養基準についても規定を定めています。

米国では農務省が特定の食品についての規則を実施する権限をもっているため、AAFCO の規則は法律と同じような効力をもっています。この中には最も重要である「表示法」「栄養素説明」が含まれています。米国のほぼ全てのペットフードの製造業者はAAFCOの規約に従っています。また、州には製品を分析し、欠陥が見つかった場合には該当製品の販売を停止させる権限を持つ研究所があります。AAFCO の規則では、世界最高水準の栄養素に関する情報を用いています。現在採用しているのは「Nutrient Profiles for the Dog and Cat (栄養研究委員会栄養素概要) 」です。

犬猫の栄養基準は食事でなにが必要かを数値で示したものです。総合栄養食としてペットの食事に求められる各栄養素(蛋白質、特定アミノ酸、ビタミン、脂肪など) の分量を示すものです。米国ではAAFCO (米国飼料検査官協会)が個別調査、犬猫栄養基準、ペットフードやペットのための栄養の科学的調査方法の設定などを行っています。

AAFCO は1990年に米国の承認する学会や業界の専門家によって構成された「犬の栄養専門家小委員会(CNE) 」を発足させ、ペットフードの新しい栄養基準を設定しました。そして翌年には「猫の栄養専門家小委員会(FNE) 」を発足させ、CNEの作成した栄養基準をもとに猫の栄養基準を設定しました。

FNEは世界的に権威のあるAAFCO の犬猫の給与試験方法に対してもさらに厳しい方法に改定しました。

 

【AAFCO の栄養基準値の特徴】

@.1種類だった犬向けの基準を、成長期及び妊娠出産期用と成犬用の2種類に分けました。
A.これによって、従来の成犬向けフード中のある種の栄養素を減らし、また別 の栄養素は増やし、成犬の栄養要求により適合したフードとなりました。たとえば、成長期や妊娠出産期にはかなり必要とするカルシウム、リン、塩化ナトリウム量 を、成犬向けフードでは減らしています。一方、高齢犬がおちいりがちな「肥り過ぎ」を防ぐため、含有エネルギー量 に上限を設けてあります。
B.脂肪、亜鉛及び鉄の含有量を引き上げました。
C.猫についても、成長期及び妊娠出産期と成猫用それぞれの基準値を作成し、それに基づいてフードが作られています。

 

【ペットフードのテスト】

ペットフードの栄養価を定めるために、ペットフードメーカーでは「給与試験」と「研究所での分析」の2つの方法を適用しています。

@.給与試験
AAFCO の設定方法で行われるこのテストは、最も信頼のおける方法だと考えられています。給与試験をパスしたほとんどの商品が、ラベル表示で総合栄養食であることを述べています。ペットフードのラベル表示はそのペットフードがAAFCO の栄養基準を満たしているかどうか、あるいはAAFCO の給与試験によって総合栄養食と認められているかどうかを示すものです。ラベルには、「AAFCO の方法による給与試験によると、この製品は特定の成長段階の犬(猫)用の完全かつバランスの捕れた栄養を含んでいることが証明されました。」といった内容が表示されています。

A.研究室での分析
仕上がったペットフードの商品を分析し、含まれている栄養分を検査、立証する方法。また同時に消化率試験を実施することによって栄養適性を確認することを勧めています。研究室で分析されたペットフードは、AAFCO の栄養基準を満たしていなければいけません。

 
犬・猫と人の主な栄養素の必要量 の比較
(1日の体重1kgあたりの量)
 
タンパク質 4.8g 7.0g 1.2g
カルシウム 242mg 250mg 10mg
0.65mg 2.5mg 0.155mg
ビタミンA 75IU 250IU 32IU
ビタミンD 8IU 25IU 2.8IU
(参考)ナチュラルバランス USA本社のハワード氏・イディース博士による東京セミナー、講演内容

 
   
 
 
入るには会員IDとパスワード が必要です。





 
・おことわり
 当ホームページに記載されております当社または専門スタッフ、メーカー・発売元による犬及び猫の健康、ケアなどへの効果 ・効能表示、アドバイス等の商品情報は商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、あくまでもひとつの目安で補助的なものとしてお考えください。これらの商品情報は病気を治すための自己診断に使うことはできません。
 また、必ずしもこれらがお客様の愛犬・愛猫の体質、症状、状態に適していると保証するものではありません。症状、状態によっては、個別 に直接獣医師(人用の商品は医師)の診察が必要となります。
 また、ご使用にあたって何らかの疑問が生じた場合はご使用を中止し、必ずその犬・猫の状態を直接ご覧になれる獣医師のアドバイス及び診察をお受けくださることをお勧めします。人用の商品に当たっては医師にご相談下さい。
 商品、サービスのお申し込みは、ホームページに案内されている情報を参考にお客様の自己責任においてお願いいたします。
 加えて、当社では正しい商品情報をお届けするようつとめておりますが、メーカーが告知なしに成分を変更することがごくまれにございます。
また、当社への変更事項の連絡が遅れることもございます。従いまして、実際お届けの商品とサイト上の表記が異なる場合がありますので、ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書き等をご確認ください。さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー・発売元にお問い合わせください。商品のご使用にあたっては、用法、用量 等を必ずお確かめ下さいますよう宜しくお願い申し上げます。