Pet Aromatherapy マッサージについて
目的および意義
1.植物の持つ力が心身のそれぞれに作用し、バランスを整えてくれます。
2.ペットをマッサージすることで、ペットとの絆を深めます。
3.ペットの体温があなたに伝わり、あなたの体温がペットに伝わり、お互いが癒されます。・・・ヒーリングタッチです。
4.ペットの身体を触れることにより、病気の早期発見や予防につながあります。
マッサージの方法
これはマニュアルではありません。あなたの愛犬はどこを触ってもらうと喜び、また、どこを触られると嫌がるのか、それはどうしてか、など楽しんでコミュニケーションをとりながら行なってください。

1.オイル選び
愛犬の日頃の性格や行動から判断してオイルを選びます。

例:落ち着かない子 ―――ラベンダーララバイ
  シャイで臆病な子――― レモンブーブー
  怒りっぽい子  ―――ペパーミントペピー

2.パッチテスト
愛犬の小さな部位でそのオイルを使って異常(数分で発赤したり)がないことを確認してください。 同じようにあなたも手首などでパッチテストをしてください。
3.マッサージする前に
あなたの手首などにほんのわずかオイルを付け、いっしょに遊びながら、自然に香りに慣れさせます。
4.マッサージオイルを温めて、愛犬に確かめる
香りに慣れてきたら、手のひらにオイルを少量とり、手のひら全体にのばして擦るようにして、オイルを温めます。次に愛犬の鼻の近くにゆっくりと手のひらを近づけて、しつこくくしゃみをしたり、ヨダレを垂らすようならマッサージを止めてください。顔を背ける程度でしたら大丈夫です。
5.ゆっくり優しく話しかけながら、マッサージを始めてみましょう。
6.最初に背中をゆっくりマッサージ
頭頂部から背中、しっぽの先までを手のひら全体を使って、毛の流れにそってゆっくりと。この時、犬にとってリラックスできるポーズで。(おすわりでも、横になってでも、伏せでも)
7.落ち着いてきたら、耳へ
立ち耳のワンちゃんの場合、耳のつけ根から先に向かってやさしく引き上げ、その後に引っ張り下げる感じでマッサージします。垂れ耳の子も同様です。やさしく、そして少し力を加えます。
8.次に手足のパットをマッサージ
表情を見ながら無理せずに、手足のパットを手のひらで包み込むようにやさしく揉みほぐしてください。
9.手足の付け根もマッサージ
仰向けにならない場合は、手を差し込むようにしてゆっくりマッサージします。生殖器など敏感な部分は避けてください。
10.最後は触られて一番喜んだ場所にもどって、終わりにしてあげてください。そして、ご褒美をあげて誉めてあげましょう。

どうですか、あなたとワンちゃんは上手にリラックスできましたか?
最初はうまくいかなくても、回数を重ねるごとにコツが分かってきます。
繰り返し、ワンちゃんがリラックスするまで続けてあげましょう。
なるべく1日1回、あなたがワンちゃんに触れる時間を作ってあげましょう。

 
 
 
入るには会員IDとパスワード が必要です。



E-mail(info@libranet.co.jp

・おことわり
 当ホームページに記載されております当社または専門スタッフ、メーカー・発売元による犬及び猫の健康、ケアなどへの効果 ・効能表示、アドバイス等の商品情報は商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、あくまでもひとつの目安で補助的なものとしてお考えください。これらの商品情報は病気を治すための自己診断に使うことはできません。
 また、必ずしもこれらがお客様の愛犬・愛猫の体質、症状、状態に適していると保証するものではありません。症状、状態によっては、個別 に直接獣医師(人用の商品は医師)の診察が必要となります。
 また、ご使用にあたって何らかの疑問が生じた場合はご使用を中止し、必ずその犬・猫の状態を直接ご覧になれる獣医師のアドバイス及び診察をお受けくださることをお勧めします。人用の商品に当たっては医師にご相談下さい。
 商品、サービスのお申し込みは、ホームページに案内されている情報を参考にお客様の自己責任においてお願いいたします。
 加えて、当社では正しい商品情報をお届けするようつとめておりますが、メーカーが告知なしに成分を変更することがごくまれにございます。
また、当社への変更事項の連絡が遅れることもございます。従いまして、実際お届けの商品とサイト上の表記が異なる場合がありますので、ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書き等をご確認ください。さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー・発売元にお問い合わせください。商品のご使用にあたっては、用法、用量 等を必ずお確かめ下さいますよう宜しくお願い申し上げます。